【 映画 】センコロールコネクトとボタニストカフェ時々散歩 【 ペトレル 】

f:id:ya_mai_8:20190701143946j:image

 

 

7月が始まったぞ!!!!!!

こんちゃす!やゐです!今日はテンションが高

めです( )

 

 

そんな今日はまずどこに行ったかと言いますと

ボタニストカフェ☕️前から気になっていたの

ですが空気感が洒落すぎていて踏み込むことが

できなかったのだけれど、今回ペトレルさん

とのコラボが可愛すぎて足を運ぶことに。

 

 

f:id:ya_mai_8:20190701164001j:image

 

 

可愛すぎんか????

 

 

デザインは七夕モチーフで(彦星)と(織

姫)となっている。味はバタフライピーミルク

ティーハイビスカスミルクティー。正直名前

がオシャレすぎて味が想像出来ないよね…笑

 

 

私が飲んだドリンクはジャスミンシロップが入

っているので苦手な人は苦手かも、と言った味

値段は両方共税込800円。

 

 

f:id:ya_mai_8:20190701164656j:image

 

 

お腹がすきすぎていたのでランチも頂きました

ペンネボロネーゼ🍝そしてセットでドリンク

が付くということで食後に珈琲を頼んだわけだ

 

 

f:id:ya_mai_8:20190701164853j:image

 

 

ドリンクでお腹がいっぱいになったと言っても

過言ではない…店員さんの対応も凄く良くて

良いお店でしたのでオススメです◎コスパ

そこまで良くないです(原宿だから仕方ない)

 

 

今回、合計2,200円でした!なかなか!

 

 

因みにペトレルさんとのコラボは7日まで!

インスタ投稿するとバスソルト貰えます₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

 

 

f:id:ya_mai_8:20190701191525j:image

 

 

そして私はSGSさんから頂いたこちらを片手

原宿から新宿まで歩きました。

 

 

 

 

久しぶりに長距離歩いたのだけれど、実は散歩

だいすきで10キロくらいなら余裕で歩けちゃ

うんですよ。引きこもりのくせに

 

 

言うても今日は3キロくらいしか歩いていない

のですが本当に散歩って楽しいんですわ。

いつもは下向いて歩いているのに新しい土地を

歩いている時は気持ちも視点も上向きになるん

です。こんな所にカフェあったんだ!とか素敵

な古着屋さんを見つけてウキウキしたり。

ついでにいうとタピオカ屋さん増えすぎてて

巡りてぇ~と思った日でした。本当に見たこと

ない店舗が10ヶ所くらいあった。

 

 

見慣れない場所を歩くっていうのが大好きで

時々時間があるとひとりでに歩いてます(笑)

 

 

今日はヒトリエさん、ドラマチックアラスカ

ん、ウソツキさんを聴きながら歩きました。

オタク気質すぎてボカロとかばかりだろ!?

と思われると思いますがゴリッゴリにバンド

聴きます👂🏻歌うのはボカロが多めで聴くのは

バンドが多めです(笑)

 

 

そして新宿バルト9到着!ここの劇場はミス

ミソウの舞台挨拶以来。劇場内に椅子が少ない

ので待ち時間をどう過ごしていいのか…と迷う

劇場です(笑)

 

 

ちょこっと前までは週2とかで映画を観ていた

のだけれど最近観たい!と思う作品があまりな

く、久しぶりの映画でした。もしかしなくても

バースデーワンダーランド以来なのでは!?

え、ちょっとまずいですね今月から映画館籠る

わ(?)

 

 

  • 映画関連の記事もどうぞ
  1. JK☆ROCK - diary.
  2. バースデーワンダーランドと4月まとめ🎬 - diary.

 

 

今回観た【 センコロールコネクト 】について

( 念の為ネタバレ注意 )

 

f:id:ya_mai_8:20190701170426j:image

 

漫画家やイラストレーターとして活躍する

宇木敦哉がほぼひとりで製作し、2009年に

劇場公開もされて話題を集めた

センコロール」と、約10年ぶりの続編

として完成した「センコロール2」を同時上映

 

ビルの屋上に突如出現した謎の白い生物を

「センコ」と名づけた高校生のテツは、自在に

姿を変える能力をひそかに使いながら高校生活

を送っていた。しかし、その秘密を同じ学校に

通う少女ユキに知られてしまう。そんな2人の

前にセンコを狙う少年シュウが現れ、思いも

よらぬ騒動が巻き起こる。そして、その騒ぎが

ひと段落したころ、今度はシュウを追って

やってきたという少女カナメが現れる。

 

彼女の登場により、テツとユキ、そしてセンコ

の行く末はまたも予想外の方向へと導かれてい

く。

 

 

 

因みにわたしはいつも通り予習ゼロで向かった

ので、この作品がどんな作品なのかということ

は1ミリも知りませんでした。

 

 

この作品、75分しかないんですよ。この世界

観、もっと長くあれと思いました。セリフ量も

情報量もそこまで多くない上に上映時間も短い

だが、それがまたいいのかもしれない。

 

 

テツの元にセンコが戻ってきたシーンはグッと

きました。多くは語らない世界観を大切にする

そんな素敵な映画というイメージかな

 

 

テツの右手になった瞬間「 寄生獣かよ! 」

と思わず言いそうになりました(笑)あとは

なんと言っても声優さんがいい。最近はアニメ

系の映画でも俳優さん起用が多いじゃないです

か。いや、別にいいんだよ?いいんだけど

やっぱり俳優さんと声優さん並べたら圧倒的で

すし本職には勝てねぇなあと毎回思うんですわ

 

 

アニメ系では大体悪い感じの役柄か厨二病拗ら

せた役柄を好きになりがちなのでシュウのドス

トライク感がすごかった。声も相まって。

 

 

下野紘さんは私の中で圧倒的田島悠一郎すぎて

私の中では田島悠一郎です(日本語でどうぞ)

田島くんは私の推しTOP5に入るので以後

お見知りおきを(?)

 

 

あとなんと言っても憎めない顔してるセンコ。

一家に一匹(?)欲しい顔してる

 

 

ゆる~い世界観が好きな人は是非観て欲しい。

ストーリー重視で考察が好きな人にはあまり向

かないのかもしれない。実際自分は考察大好き

マンなので今回感想を書くにあたってどう文字

を起こすのが正解なのかと迷ったのだけれど

この手の作品は雰囲気や曲を味わう系の映画だ

と落ち着きました

 

 

ただ上映している劇場があまり多くはないので

苦しいところ。地元で観られれば一番よかった

のだけれど今回は散歩も出来たので良い1日に

なりました

 

 

f:id:ya_mai_8:20190701191224j:image

 

f:id:ya_mai_8:20190701191229j:image

 

 

p.s.

来場特典(?)のクリアファイルが可愛い😹

 

 

それじゃあまたね

 

 

𝔂𝓪𝓲 ❁⃘