【 サイコロサイコ🎲 】なんてつらいのか 【 第2の出目 】

 f:id:ya_mai_8:20191111170154j:image

 

おはにちばんは 🔅 どうも やゐです 𓅦

本日はサイコロサイコ 第2の出目についての

レビューをしていきたいと思います ⚑⁎∗

 

❁ CHARONさん作品レビュー

▷ やゐ - 《 ゲーム ❁⃘ CHARONさん編》 - Powered by LINE

❁ ゲーム関連記事まとめ

▶︎ やゐ - 《 ゲームまとめ 》 - Powered by LINE

 

~ 目次 ~

 

読むに当たって注意点

f:id:ya_mai_8:20191111171259p:image

 

  • 流血、グロテスク、風刺的、ショッキング等、過激な内容が非常に多く含まれます
  • 心臓の弱い方、ホラーが苦手な方、精神が不安定な方、繊細な方、風刺表現に不快感を抱く方は絶対にプレイ及び閲覧をしないでください
  • また15歳未満のプレイ、閲覧を禁じます
  • サイコロサイコは精神病質をテーマにしたゲームです
  • この物語はフィクションであり、実在する人物、団体、事件とは一切関係ありません
  • 一部の過激な表現は演出であり、犯罪の助長を目的とするものではありません

 

引用: サイコロサイコ -第二の出目- | CHARONゆにばーす

 

 

大いにネタバレするので気になる方はプレイ

してから読むことをオススメします🙇‍♀️

 

長くなりますが、所々抜粋しているので

きっちりストーリーを楽しみたい方は攻略

記事、実況などを参考にして下さい

 

今回のヒロインは?

f:id:ya_mai_8:20191111172210p:image

 

今回ヒロインは才色兼備な美人女教師の才子

さん。物語はどのように進んでいくのでしょう

か?

(こんな素敵な先生が現実にいたら間違いなく

モテるだろうな…)

 

はじまり

 

才子が教育実習生として主人公・めたろーの

クラスにやってくる。どうやら才子はめたろー

の事を知っているようだった

 

f:id:ya_mai_8:20191111172927p:image

 

才子曰く、昔よく遊んでくれていたお姉さんが

先生となって主人公の元に帰ってきたらしい。

 

教室に戻ると雪丸七七の姿があった。この

世界線でもこの2人がいるのが個人的に嬉しい

 

f:id:ya_mai_8:20191111173302p:image

 

そしてこの顔で相変わらず口の悪い七七ちゃん

推せる。推せるよな

 

才子の家に行くことになり、主人公は才子

出してくれたお茶を飲む。その間才子

シャワーを浴びてくると席を外していた。

 

戻ってきた際にちょっとした会話をしていると

主人公のお腹が盛大に鳴った。才子はご飯の

支度をしてくれるそうだ。そして眠たくなり

横になる主人公。昔の夢を見る

 

f:id:ya_mai_8:20191111173428p:image


これは過去の才子のセリフなのだが

是非、覚えておいて欲しい

 

隠された真実

f:id:ya_mai_8:20191111173547p:image

 

まずはBADから紹介します 💁‍♀️

因みにあなたならどちらを選びますか?

 

大体の方は上なんじゃないかな?と思います。

因みに私は上を選びました。その選択は

 

おめでとう。BADENDです


f:id:ya_mai_8:20191111174252p:image

 

才子は主人公の首を絞め殺そうとしてくるのだ

 

そして

先生が愛したもの全部私が奪ってあげる〟

というのだ。一体どういう意味だったのだろう

 

下の選択肢を選ぶと物語が進むのだが、ここで

才子はこんなことを言うのだ

 

f:id:ya_mai_8:20191111175551p:image

 

さて。

ここでもう勘のいい人は気がついていたのかも

しれない。因みに私はあれ?好きって言って

なかったっけ?違うか?くらいにしか思って

いませんでした(惜しい)

 

ここでニュースが流れる

 

20**年 4月某日。**県**町で、身元不明の

女性の遺体が見つかった。

署によると、遺体の年齢は不明で、身長165

センチ。遺留品は一切なく、全裸だったと

いうことです。体つきから女性と分かった

ものの、遺体は常軌を逸した損傷を受けていた

 

頭部が切断されて持ち去られていた上、胴体

から乳房と下腹部がえぐり取られていた。

署は事件の疑いもあるとみて、遺体の身元や

死因などを調べている。

 

さて、一体誰のことなのだろうか?

 

ローズマリー

f:id:ya_mai_8:20191111180546p:image

 

次の日もまた主人公は才子の家に来ていた。

どうやらお泊まりするらしい。

 

才子の部屋には昔友達からもらったという

ローズマリーの花があった。ローズマリー

花言葉は《 思い出 》《 変わらぬ愛 》など。

 

f:id:ya_mai_8:20191111180822p:image

f:id:ya_mai_8:20191111181043p:image

 

このセリフに対して主人公は

 

f:id:ya_mai_8:20191111181114p:image
f:id:ya_mai_8:20191111181120p:image

 

同じ反応したわ🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️

 

連れて行く

f:id:ya_mai_8:20191111181237p:image

 

この分岐はキスをするかしないかの分岐です。

まあここに関してはどちらがBADかわかり

やすいですね 🙆‍♀️

 

主人公は教師と生徒の恋が許される訳がないと

キスを拒みます。するとBAD END

 

f:id:ya_mai_8:20191111181511p:image
f:id:ya_mai_8:20191111181518p:image

 

一人で死ぬなんて寂しいものね…一緒に死んで

とガスをばら蒔いてエンディング。なかなか…

 

受け入れるを選ぶとなんと才子と夜を共にする

事になる。おめでとう

 

回想シーンで小学生の頃に血の繋がりはないが

仲のいい近所のお姉ちゃんがいたこと、そして

そのお姉ちゃんは自分にとって大切な人だった

こと、しかしある日理由も分からずこの街を

離れることになってしまったことがわかった

 

お姉ちゃんは〝先生を目指す〟という情報を

残して去ってしまったこと。名前は才子

いうこと。最後にすごしたのはお祭りの夜に

花火を見た事だった。

 

そして朝を迎えると…

 

f:id:ya_mai_8:20191111183016p:image

 

お前の意見なんか聞いてねぇよ!と言われて

しまえばそこまでですが、髪を下ろした方が

好きです!!!

 

この二連休、先生の家に泊まることを母親に

連絡していなかった主人公。スマホを確認

してみると母親だけでなく雪丸七七からも

着信があった。それに対し主人公は

 

f:id:ya_mai_8:20191111183252p:image

 

せめて一言でもいいから連絡入れろよなァ!と

思いますよねぇ…流石主人公…

 

そののち先生にあの日の(お祭りの夜)話を

した。そこで返ってきた言葉はこうだった

 

f:id:ya_mai_8:20191111183510p:image

f:id:ya_mai_8:20191111183554p:image

 

主人公は会話にズレを感じ始める。

そういえば才子はその当時眼鏡をかけていたが

現在は何故かけていないのだろうか?

コンタクト?いや、つけている場面を見た事は

ない。

 

自分の尻を他人が拭く

f:id:ya_mai_8:20191111184003p:image

 

学校につくとブチギレた雪丸の姿があった。

主人公の母親、雪丸、七七の3人で主人公を

探し回っていたと言う。最近殺人鬼がうろ

ついているという噂が流れており、心配して

くれていたようだった。

 

その後殴り合いになり、分岐

 

f:id:ya_mai_8:20191111184254p:image

 

下を選ぶと…

 

f:id:ya_mai_8:20191111184341p:image

 

完全に殺ってしまった主人公。

 

f:id:ya_mai_8:20191111184412p:image

 

何故か慌てて駆け寄った七七も雪丸に覆い

かぶさるように頭から血を流し倒れ込んだ。

その原因は

 

f:id:ya_mai_8:20191111184602p:image

 

めっちゃんもやっちゃいましたけど貴方も大概

ですよって…

 

その後、先生に言われた通りに2人の遺体を

車に運び込み山奥に運び込んだのだ

 

f:id:ya_mai_8:20191111184734p:image

 

何もかも手際よく進めていく才子

 

f:id:ya_mai_8:20191111184847p:image

 

ここで再び分岐。上の選択肢を選ぶと主人公も

滅多打ちにされる。

 

〝今までのことが全部嘘だとは言わないけど

でも、見破れないあなたも悪いのよ。

きっと彼女も浮かばれないでしょうね〟

 

と言ってBAD END 

今回はアレだね分岐を細々回収していった方が

謎が溶けた時にスッキリするね🤔

 

前科

f:id:ya_mai_8:20191111185841p:image

 

先程の選択肢で下を選ぶと、この様な選択肢が

出てきます(どちらを選んでも◎)

 

そして才子から帰ってきた言葉は…

 

f:id:ya_mai_8:20191111190012p:image

 

さて、先生は誰を殺したんでしょうかねぇ

( 白々しい )

 

成り代わり

f:id:ya_mai_8:20191111192518p:image

 

時はこの後のお話です。騒ぎを聞きつけた

才子は後で1人1人面談をしようと言う。

 

ここで主人公が母親しかいないということが

判明する。

 

面談は主人公の番へ。

今日もまた行っていいか尋ねると

今夜はやらなくちゃいけないことができた

と断られてしまった。さて、才子

やらなくてはならないこととは?

 

あれからしばらくして才子とお祭りに行った夜

2人はホテルに行っていた。そこで才子

才子に成り代わった別人。才子では無い別の

誰かだと言った。

 

f:id:ya_mai_8:20191111192410p:image

 

最初に言っておきます

エンディング泣いた

感情移入しすぎちゃってダメでした。

 

さてまずは下のエンディングから

 

愛する人を殺され、才子と名乗る女を許せな

かった主人公。彼女は明日、警察に行くと

告げた。せめて朝までは一緒にいて欲しいと

いう彼女の願いを受け入れ、朝を迎えた

 

主人公が目を覚ますと、そこに彼女の姿は

無かった。耳を澄ませるとお風呂場から水の

滴る音が響いた。主人公と同じタイミングで

嫌な予感を感じ項垂れてしまった

 

f:id:ya_mai_8:20191111193052p:image

 

何故彼女は主人公にここまで愛を求めたの

だろうか?そして一体彼女は誰だったのだろう

か?

 

その後語られるのは本物の才子かさね

呼ばれる女の話だ。

才子は何でも出来る。頭がキレて性格も良く

誰からも愛される女だった。対してかさね

そんな才子に劣等感を抱いていた。

 

f:id:ya_mai_8:20191111193456p:image

 

彼女は生まれながらに恵まれていて、愛されて

いる。しかしかさねは貧乏な家に生まれ惨めな

暮らしをしてきた。その上、両親から蔑まれて

育ち、誰にも肯定して貰えないまま大きく

なってしまったのだ

 

f:id:ya_mai_8:20191111193608p:image

 

死にたくも生きたくもない

だが、死んでしまえるならさっさとそうしたい

と馬鹿なことを感があるようになっていた

そうだ。

 

かさねは教師になる夢を捨て、水商売で働き

出す。そんなかさねに対し、足を洗って欲しい

と心から願う才子だったが、その思いが届く

事はなかった。ある日、かさねに命が宿った

 

 

それが全ての始まりで、終わりだった

 

その小さく儚い命を失うことになってしまった

のだ。そんな中才子は教育実習で故郷に帰ると

いう。何もかも順調に進んでいる才子

妬ましかった

 

f:id:ya_mai_8:20191111193739p:image

 

お前を殺して私が変わりに故郷に行く

そしてお前の大好きな男を奪う

 

というのだ

 

どこで差がついたのか

どうして私ばかりが不幸になるのか

 

f:id:ya_mai_8:20191111194343p:image

 

かさねの涙はなんとも言えない苦しい涙だった

 

そしてなんとこれは

 

f:id:ya_mai_8:20191111194453p:image

 

HAPPYENDなんですね…

ん~~…なんて言うか苦しいですね本当に

 

例えば私にも同じ夢を追いかける友達が

いたとして、努力しても自分だけ恵まれない

なんて状況はそれはもう苦しいと思うんだ

 

何より生まれた境遇が違うというのはかなり

大きいんじゃないかなと思う。人と関わる事に

より、人間の性格は形成されていくものだと

おもうのですが、スタートってあまりにも

大事だと感じますね

 

因みに才子が首を絞められるシーンで才子

かさねも色々な表情をするのでやってみて

ほしいです ◎

 

水子供養

 

先程の選択肢で上を選ぶと主人公とかさね

子供が生まれ、大切に育てられているという。

 

f:id:ya_mai_8:20191111195554p:image

 

彼は今…顔のない死体となって、この街の

裏山のどこかに隠されているのだから。

おまけに、あなたのお友達もね。

その場所は、私だけが知っている。

 

「 一度失ったものは、二度と取り戻せないの

だと思っていた。でも…それは違ったのね。

自分で自分のらいを諦めていただけだったの

よね。私は…必ず、幸せになってみせる。

あの人のように、完璧じゃなくていい。

私らしく、この温もりを守る

母親になれるのなら…」

 

いやあ…そうかあ…と思わず声が出ましたね

どちらのエンディングも苦しくなりましたが

やっぱりハッピーエンドがハッピーじゃない

ところがCHARON作品って感じで好きでした

 

過去、色々な作品をやらせて頂きましたが

この作品が一番鬱になったような気がしました

 

次のサイコちゃんは髪の毛がピンクで可愛い

印象だったので楽しみです ( ˊ࿁ˋ ) ♡

 

ここまで読んで下さり

ありがとうございました!それじゃあまたね!

 

𝔂𝓪𝓲 ❁⃘