【 サイコロサイコ 🎲 】子は親を選べない 【 第5の出目 】

f:id:ya_mai_8:20191204121717j:image

 

おはにちばんは 🔅 どうも やゐです 𓅦

本日は遅ばせながらサイコロサイコ第5の出目

のお話をしていきたいと思います!

 

⚠️ 今回マーーーージで長いのでご了承下さい

 

何十回やってもエンディングバグって到達

出来なくて心折れかけた  ᐪᐤᐪ  笑

Windows欲しくなりましたね

( 多分そういう問題じゃない )

 

✾ CHARON作品記事まとめ

⇒ やゐ - 《 ゲーム ❁⃘ CHARONさん編》 - Powered by LINE

✾ ゲーム関係記事まとめ

⇒ やゐ - 《 ゲームまとめ 》 - Powered by LINE

 

~ 目次 ~

 

今回のヒロインは?

 

今回のヒロインはと書いて災子ちゃん

 

前回の記事でも言いましたがビジュアルが

良すぎて楽しみすぎましたね、ええ。

 

f:id:ya_mai_8:20191204122511p:image


f:id:ya_mai_8:20191204122504p:image

 

どんな顔させても可愛くて困っちゃった(?)

 

正直ピンク髪の女の子(2次元)って私が

知ってる中で狂った子が多かったので今回も

とち狂った子が来るのかな?と思いきや…

 

物語の始まり

f:id:ya_mai_8:20191204122726p:image

 

まずいつもの如く注意点を載せておきます ✔

 

f:id:ya_mai_8:20191204123801j:image

 

この世界線での災子ちゃんは花を育てる事を

愛する可愛く、とても女の子らしい子です。

 

朝、花壇を見ることが日課となっていた主人公

めたろーは今日もそこに災子の姿を探していた

 

この日の災子は花壇に水やりを終え

アリがご飯を運んでいるのを見ていたらしい。

 

高校2年生でその行動に走るのって命を大切に

している人か電波系のどちらかな気がするね🤔

ただ、花のお世話って思った以上に大変な事

なので、私は前者かなと思いました。

 

彼女がいつも世話をしている花はピンク色を

した可愛いシャクナゲという花だと言う。

シャクナゲ花言葉は【威厳】【荘厳 】。

そして葉に毒を持っている

 

災子めたろーが出会ったきっかけはまだ花が

咲いていない花壇に楽しそうに水を撒く災子

見かけ、思わず足を止めたことからだった。

 

お花好きなんですか?

 

と声をかけられためたろー。あまり人との

関わりを持ちたくなかった彼は別にと素っ気

なく返した。何故か彼女はニッコリ微笑んだ

 

━ 数ヶ月後

 

何気ない会話をしているとチャイムが鳴った。

ホームルームに間に合うように急いでいると

災子の玄関から紙が落ちる音がした

 

f:id:ya_mai_8:20191204125928j:image

 

チェーンメールとか流行ったなあ…

いや、これ思うんですけど実際本当に不幸に

なるとしても私10人も友達…あっ…

不幸確定ですね…

 

😇😇😇

 

そんなの誰かのイタズラに決まっているだろ

めたろーに慰められながら教室に向かう

道すがら、災子はズッコケ、膝を擦りむく

 

フラグ回収秒じゃねぇか…尊敬の域だな…

 

災子は名の通り根っからの不運で、頻繁に

怪我をしたり不幸なことが起こったり…

それは自分だけでなく周囲にも不運を巻き込む

ことがあるという。

 

( これはもう名前のせいでは…? )

 

めたろーはそんな彼女を守ってあげたいと

思っていた。

 

━ 放課後

 

f:id:ya_mai_8:20191204130821j:image

 

この世界でも七七ちゃんは健在です!(?)

のちに理由が分かると思いますが

この七七ちゃんはちょっと苦手です…

 

放課後、3人でカラオケに行こう!と約束して

いたのだがめたろーはその約束を忘れていた

 

f:id:ya_mai_8:20191204131052j:image

 

これに関してはめたろーが100悪いね…

体調不良や急な外せない用事なら

仕方ないにせよ、忘れていたのはダメだよ…

 

怒ってその場を去ってしまった七七だったが

この2人に何かあった時、雪丸が必ずフォロー

してくれるのだった。実にいい関係すぎる…

 

普段は口の悪い七七ちゃんですが、なんだ

かんだでめたろーの事が好きなんだな~

と伝わってくる所が好き 😭😭

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

その日の放課後は災子と公園に来ていた。

公園内で子供たちが鬼ごっこのようなもので

遊んでいる姿があった

 

f:id:ya_mai_8:20191204132625j:image

 

タッチすると呪いが伝染る

 

というものだ。

たしかに小さい頃そんな遊びがあったような

気がしますね 🤔‪💭‬

 

当時はそんなことくだらないと思っていた。

だから、タッチされても特に反応しなかったの

 

こんなの、ただの遊びだと思って。

呪いなんてないって…だから…そんなわたしは

きっと最後まで呪いを

持ったままだったんだよね

わたしちょっとだけ後悔してるんだずーっと

そんな事ばかりしてたから、本当に不幸に

なっちゃったのかなって…

あのとき、みんなと同じように誰かに呪いを

伝染していたら…こんな不幸に

ならなかったのかな?

私が幸せになるために、他の誰かに不幸を

なすりつけるべきだったのかな?

 

と呟いた。

他の人からしたら〝 ただの遊び 〟と分かって

いることでも負の連鎖があればあるほど

あの時のあの行動がとかあの発言がとか

あることないこと考えてしまうもので…

 

辛気臭い空気を変えるためにファミレスに誘う

めたろー。それに対して災子

 

f:id:ya_mai_8:20191204133752p:image


f:id:ya_mai_8:20191204133746p:image

 

腹がはち切れるくらい

食わせてやるよ 可愛いな畜生

 

f:id:ya_mai_8:20191204134104j:image

 

ファミレスに向かおうとすると目の前で

ラクションが鳴った。

 

分岐はこの2つ!

あなたはどちらを選びますか?

 

災子をかばう  or ② 災子をかばわない

 

① 災子をかばう

f:id:ya_mai_8:20191204134437j:image

 

かばう選ぶとめたろーは車に轢かれ、命を

落としてしまう。

 

因みにわたしはバットエンドから

回収したかったので②を選びましたが

不幸の元に生まれた子ですから、よくよく

考えてみたらこちらでしたね…

 

f:id:ya_mai_8:20191204134937j:image

 

災子をかばわない

f:id:ya_mai_8:20191204135047p:image

 

災子をかばわないを選ぶと災子が車に轢かれて

しまいます。ここまで血だらけだともしかして

と思うかもしれませんが

 

生きてるんですよね

 

f:id:ya_mai_8:20191204135429j:image

 

強い…強すぎる…

むしろ幸運の持ち主なのでは…?

 

大怪我を負った災子はどうやら骨を折って

しまっていたようなので救急車を呼ぼうと

すると

 

自分でなんとかできるから! 

病院にお世話になったら

またお父さんに怒られちゃうよ 

 

と言った。こんなに大怪我をして

何を言っているのだろうか…

5分もしないうちに救急車が到着した

 

これで良かったんだ災子が助かるなら

 

 ①に戻る

 

この世界線の七七ちゃんは…

f:id:ya_mai_8:20191204140147p:image

 

救急車に運ばれた次の日の昼、災子七七

呼び出されていた。特に七七とは接点がない為

災子は何故呼び出されたのか分かっていない

ようだった。

 

f:id:ya_mai_8:20191204140543p:image


f:id:ya_mai_8:20191204140536p:image

 

わかる、わかるよ言いたいことは。

けれど、このやり取りってちゃんが君の

ことを好きだと知っていながらちゃんに

Bくんのこと好きだから協力してと言われた

時くらい嫌だな(?)

 

実際これってめたろーに直接災子と関わったら

危ないからやめた方がいいと言っても聞かない

だろうけど、災子めたろーと関わるなと

言った方が聞くだろうと思って言っている

訳でしょう?なんだかずるいよね…

 

その後災子めたろーに近づかないと誓った。

 

f:id:ya_mai_8:20191204191925p:image

 

そんな事は露知らず

災子に話しかけるめたろー

 

ここで分岐が発生します

 

災子に同情しない or災子に同情する

 

災子に同情しない

f:id:ya_mai_8:20191204192705p:image

 

校舎の屋上から降ってきた鉄骨の下敷きになり

BAD END。

 

あまりに急すぎてビビり散らかした(笑)

これが災子の力なのか…

 

f:id:ya_mai_8:20191204192940p:image

 

その通りだな🤔(笑)

 

災子に同情する

f:id:ya_mai_8:20191204193151p:image

 

突然災子に突き飛ばされ、めたろーは尻もちを

ついた。その際、何か音がした。音がした方に

目をやるとバラバラに割れた植木鉢の残骸が

あった。災子がアクションを起こさなければ

めたろーはどうなっていたのだろうか…

 

災子は今にも泣き出しそうな声を振り絞り

ながらこう言った

 

頑張っても頑張ってもダメなんだよ

もう、どうしようもないんだよ

災子は呪われてるんだもん 」

 

努力しても報われない事ってありますよね…

今の自分と重なって泣きそうになったシーン

でした。

 

めたろーくん、もう私に近づかないで

しいの。そうしないと今度はめたろーくん

死んじゃうかもしれないよ 」

 

この世界のめたろーは本当に男として

人間として出来ていた…

めたろーはそれでも明日、災子に話しかける

ことを決めたのだ

 

⇒ ①に戻る

 

f:id:ya_mai_8:20191204213814p:image

 

その日の夜、小規模な火災が起きた。

その悲惨な光景を見て立ち尽くしていた

女の子はやがて膝を地面に着けて脱力した

 

「 わたしのせいだ 」

 

彼女が住んでいたのはそのアパートの1階の

部屋。火元となった場所だったらしい

 

━ 翌日/昼

 

朝方花壇に災子の姿はなく、気になって災子

クラスメイトに尋ねると学校を休んだらしい。

そこで雪丸が登場し、燃えた家が災子の家だと

いう噂が流れていることを耳にした。

 

現場に向かうも災子の姿はなく、電話にも

出ない。生きているのかすら分からない状況だ

 

そうして数日が過ぎていった

 

f:id:ya_mai_8:20191204223239p:image

 

自宅に帰る道すがら喪服を着た災子を見つけた

 

ここで七七に「めたろーと会うな 」と言われ

たことを告げた。めたろーは怒りで言葉を

失った。そして分岐点

 

f:id:ya_mai_8:20191204223619p:image

 

①二人を送ってきたのか?

or

②もしかして…また?

 

 

② もしかしてまた…?

f:id:ya_mai_8:20191204225331p:image

 

めたろーの一言でより一層病み散らかして

しまったなこれは…

 

私が死んだらめたろーくんは悲しんでくれる?

 

なんと服毒自殺してしまうという急展開…

【 また 】という一言が無ければまだ…ね…

 

f:id:ya_mai_8:20191204225645p:image

 

① 二人を送ってきたのか?

f:id:ya_mai_8:20191204225724p:image

 

火災で両親を亡くし、幸いにも彼女だけが

助かってしまったのだそうだ…

 

これが彼女の不幸の力だとでも言うのだろうか

 

②に戻る

 

その日の夜、災子はビジネスホテルに泊まって

いた。家を失い、身寄りのないわたしには

どこにも行き場所がなかった。引き取って

くれる身内などいない。あるのは父と母が

残した莫大な借金だけだった…

 

f:id:ya_mai_8:20191204230736p:image

 

その日の夜、災子さたろーの元に別れを

告げに来た。二人が住んでいる今の町から離れ

知らないおじさんのところに、知らない街の

知らないお店でお世話になると言った。

 

f:id:ya_mai_8:20191204231044p:image
f:id:ya_mai_8:20191204231035p:image

 

なんならいまからクレープ食い行こうや…

無理しんどい…そしてこれが最後の分岐です

 

f:id:ya_mai_8:20191204231327p:image

 

①どうか、ずっと元気でいてくれ…

or

② 僕は、それでも…

 

①どうか、ずっと元気でいてくれ…

f:id:ya_mai_8:20191204231801p:image

 

めたろー君、わたしのこと助けてくれるよね?

だってこの前わたしの事心配だって

救いたいって…言ってくれたもんね?

 

f:id:ya_mai_8:20191204231958p:image

 

 呪いごっこ、だよ 〟

 

その後見事に呪いが移っためたろー

数え切れないほどの不幸に見舞われ、両親は

亡くなり勤めていた会社はトラブルでクビに

なり、ホームレスになり…どこの誰とも

知らない輩にわけも分からず殺されかけている

と…

 

?「だから言ったでしょ?不幸って伝染るん

だって。やっぱり呪いはホントだったんだ」

 

f:id:ya_mai_8:20191204232313p:image

 

めたろーに呪いを伝染してからというもの

災子は不幸じゃなくなったのだという。

めたろーが助けを求めると…

 

わたしが窮地に立った時、手を差し伸べて

くれなかったよね。

元気でね、って…言ったんだよ?

 

そうしてめたろーは殺されてしまったのだ…

 

f:id:ya_mai_8:20191204232559p:image

 

② 僕は、それでも

f:id:ya_mai_8:20191204232650p:image

 

それでもめたろー災子を救いたかった。

災子を救うためなら命だってなんだって

張ってやるし災子が幸せになるまで絶対に

離れないと誓った。

 

━ 数年後

 

借金取りの追っ手から逃れ、決して裕福とは

言えないが穏やかな毎日を送っていた。

彼女の目の前に結婚指輪を差し出すと彼女は

涙を流し、今までで一番嬉しそうな笑顔を

見せた。

 

死にたいと思ってるひとはね、ほんとは誰かに

助けて欲しいんだよね。

死ぬ前に、誰かに自分を見つけて欲しいんだよ

だって死んじゃったら、それも出来ないの。

ほんとに終わりなんだもん

 

いやぁな予感がすること言うのよね…

 

不幸体質は相変わらずだが命を落とすほど

ではない。というめたろーの言葉ですらフラグ

でしかない…

 

f:id:ya_mai_8:20191205162502j:image

 

はい、まさかまさかの電車に飛び降り自殺…

 

理由は様々あるとは思うのだが、まず間違い

なく両親だろう。

父親は彼女が怪我をし、医療費が必要となった

 

「医療費など払えない。そんなもの必要が無い。だったらあんな娘いらない殺してしまえ」

 

と言った。

父親はギャンブル漬け、母親は宗教…

両親が言い合いをしていたのは病院の廊下で

その声は響き渡っていた。

 

f:id:ya_mai_8:20191205162517j:image

 

災子ちゃん気の毒だわ…あんな親御さんで

 

看護師は、みな揃ってそう言った。

周りから哀れみの目で見られるのが気持ち

良かった。可哀想な自分がここにいて、それを

見て優しくしてくれる他人。ちやほやされる

自分がいい

 

そして判明するのが火災の犯人は災子だった

ということ。

 

f:id:ya_mai_8:20191204234519j:image

 

勘弁してくれ…

 

愛されなかった子が、愛されたかった子が

このような形で愛を求め本当の幸せを掴んだ

瞬間にこの有様だ…思わず声が出てしまった…

 

今まで以上にストーリーが濃く、分岐がヌルっ

としていたからこそ絶望がデカすぎた…

いやそのまま幸せになってくれって…

 

今回災子と両親とのやり取りを少し省いて

いるのだけれど、本当に こっ酷いんですよね

なんとなくだけど父親がギャンブル漬けになり

母親もおかしくなり、その影響で災子

おかしくなっていったのではないかな?と

思いました。

 

なにより遺されたさたろーの気持ちを考えたら

もうなんとも言えない…

 

まとめるよ

f:id:ya_mai_8:20191204235829p:image

 

今回珍しく と言ったら失礼かもしれませんが

登場人物がほぼいい人だったので

エンディングを迎えた時の喪失感たるや…

と言った感じでした

 

f:id:ya_mai_8:20191205000044j:image

 

記事を書き終え、ひと段落した所で

祭子に引き続き購入させて頂きました。

 

いや~CHARON作品で一番心が死にましたね

しあわせとはなんなのかということや

いかに自分が恵まれた環境で育ってきたのかを

感じられたとても素敵な作品でした

 

感情移入しすぎて6000字も書いてしまった…

読んでくれてありがとうございました😭

 

次の〝さいこ〟はどんな子になるのでしょうか

楽しみですね ❁ それじゃあまたね!

 

𝔂𝓪𝓲 ❁⃘