羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)観てきました

f:id:ya_mai_8:20201120191901j:image

 

おはにちばんは 🕊 やゐです 𓂃◌𓈒𓐍

本日は 羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) を

観てきましたので感想を綴っていきたいと思います

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

𝚃𝚠𝚒𝚝𝚝𝚎𝚛

やゐ @ 仕事募集中 (@yai_l28) | Twitter

𝙸𝚗𝚜𝚝𝚊𝚐𝚛𝚊𝚖

http://Instagram.com/yai_l28

𝙷𝚘𝚖𝚎 𝚙𝚊𝚐𝚎

Home | yai_l28_web

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

𓅪 映画

✑ やゐ - 映画( #やいまにあ ) - Powered by LINE

𓅪 アニメ/マンガ / コラボカフェ等

✑ やゐ - 漫画(小説)/アニメ/コラボカフェ( #やいしゅみ ) - Powered by LINE

𓅪 展示会

✑ やゐ - 展示会/イベント類 - Powered by LINE

 

ロシャオヘイ戦記とは?

 

人間達の自然破壊により多くの妖精たちが

居場所を失っていた。森が開発され

居場所を失った黒ネコの妖精シャオヘイ。

そこに手を差し伸べたのは同じ妖精のフーシーだった

 

フーシーはシャオヘイを仲間に加え

住処である人里から遠く離れた島へと案内する。

その島に、人間でありながら最強の執行人

ムゲンが現れる。

フーシー達の不穏な動きを察知し、捕えに来たのだ。

戦いの中、シャオヘイはムゲンに捕まってしまう。

なんとか逃れたフーシーたちは

シャオヘイの奪還を誓い

かねてから計画していた「 ある作戦 」を始める。

 

一方、ムゲンはシャオヘイとともに、人と共存する

妖精たちが暮らす会館を目指す。

シャオヘイは、新たな居場所を見つける事が

できるのか

そして、人と妖精の未来は果たして一一

 

引用:映画 『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』 公式サイト

 

⚠️ 以下 ネタバレ注意 ⚠️

 

感想書いてくよ

f:id:ya_mai_8:20201120193518j:image

 

率直に言おう

想定外にボロ泣きした

 

この作品は映画・鬼滅の刃を観に行った際に

番宣で流れ、気になったので観る事は決めていたが

まさかこんなにも心臓を抉られる作品だとは

思ってもみませんでした。

今回も相変わらず事前知識はゼロです。

あと何度観てもヱヴァンゲリオンの番宣は鳥肌が

止まらなくなりますね なんでしょうあの現象

 

さて・・・

 

もう本当にまずざっくり感想を言うとすると

初っ端からシャオヘイは人間に襲われていて

人間がキライだろうなというのは言わずもがなな

訳なのだけれど、最終的にシャオヘイは

ムゲンと一緒に居ることを選ぶじゃないですか

 

本当にボロ雑巾になるくらい涙腺死んだ

 

何よりシャオヘイが泣きながらムゲンを呼ぶのも

呼ばれた瞬間のムゲンの表情だったり

風の演出だったり・・・もう・・・本当に・・・

 

作品自体が中国アニメなので

若干日本とは笑いのズレを感じましたが

ハラハラドキドキするだけでなくクスッと

笑ってしまうポイントが沢山あったのも良かった。

サントラもいい意味で日本ぽくない雰囲気で

耳が楽しかった!!

 

航海のシーンは中々長いな!いつ着くんだ!と

思わずツッコミそうでしたが(笑)

 

個人的にボロ雑巾になったシーンは

  • 電車でただ一人女の子だけがシャオヘイに感謝したシーン
  • ロジュがフーシーを必死に止めようとするシーン
  • ムゲンとフーシーが戦うシーンでのフーシーにあまりにも感情移入しすぎて涙腺が崩壊
  • シャオヘイがムゲンを呼ぶシーン(最後)完全にもらい泣き

 

電車のシーンってなかなかリアルだな~と

 

大人は助けて貰ったのにも関わらず

デカくなったシャオヘイに恐怖心バリッバリに

出してる訳じゃないですか。

でもそれって人間側からすればそりゃそうだろ

って思っちゃうんですよ

 

でも子供はまだそんなの分からないから

人間は悪いやつばかりじゃないってセリフが

シャオヘイに少しでも届いたシーンなんじゃ

ないかな~と。シャオヘイのリアクションも含め

言葉にならない感情になりました

 

今回、バリッバリムゲン推しなんですけど

負けず劣らずロジュが好きになったのは

2番目のシーンでのことです

 

いや、本当にあのシーンはえげつなかったし

シャオヘイの正気が無くなっていく表現が本当に

しんどくてしんどくて

一人一人の魂が本当に凄くて声優さん有難うと

言いたくなったね(?)

 

人間って自分のいいように世界を塗り替えて

他の生き物は愚か、自分自身や身近な人まで

危害を加えているそんな世の中な訳だけれど

フーシーがこの一連の行動に至った理由って

正直《 悪 》とは言えないなと思うんです。

 

ただ、そんな中で人間を救ってくれている

妖精たちが沢山いるって言うのが本当にしんどくて

 

いきなり自分の居場所を奪われ、壊され

そこでは人間たちが楽しそうに暮らしていて

妖精は姿がバレてはいけないからひっそり暮らす

不平等にも程があると思いません?

 

だからこそ、最後の木の絵がダメだった

いや、いい意味でダメだった

最後の最後ギリッギリまで涙腺ぶち壊してくる

この作品 本当に凄い 凄まじかった

 

シャオヘイがどこで誰と過ごしていくのか

妖精たち一人一人の生活背景

全部ひっくるめて考えても苦しくて仕方なかった

 

絵の美しさだけでなくストーリーも染みたし

ただただ感動するだけでなく面白さもあり

しっかりアクションシーンもあり・・・

本当に充実した華金を有難う・・・

 

 

↑ 最後の絵は改定前のパンフレットの

     イラストにあった模様

 

珍しく今回は観る前にパンフレットを

購入したのだけれど、1000円でいいんですか・・?

ってレベルの充実したパンフレットでしたので

是非皆様も買って欲しい!!!!!

 

何言ってるか伝わらなかったかもしれないけれど

感動してボロッボロになって余韻に浸って

死んでるということだけは伝えておきます(笑)

 

 

 

/ 来場特典もあるよ \

 

私にとっての居場所はどこなんだろうか

ムゲン降ってこないかな~~

 

𝔂𝓪𝓲 ❁⃘