【 レビュー 】竜とそばかすの姫 【 細田守 】

f:id:ya_mai_8:20210722121309j:image

 

おはにちばんは!やゐです 𓈒 𓂂𓏸

本日は竜とそばかすの姫レビューと

過去作との比較をしていきたいと思います ✍︎

 

~ 目次 ~ 

 

前作までの感想まとめ

 

まずは私の中で細田監督作品で好きな作品と

ハマらなかった作品の2つに分けた上で

良い点、悪い点などをまとめましたのでどうぞ ⛅️

 

f:id:ya_mai_8:20210725144406j:image

 
  • 冒頭から最高にテンションが上がるサントラ
  • ストーリーが分かりやすいので小さい子からお年寄りまで楽しめる
  • 特に現代に見てほしい『 ネット世界 』について描かれているので、若い子は特に学んで欲しい教材になっている

正直、私個人はサマウォに対して嫌いだな~とか嫌だ

なとかいうシーンがまるでないんですけど世の中的

  • 婆ちゃんが仕事場に電話かけ回すのが迷惑すぎて無理
  • 田舎で大人数で囲ってご飯食べる習慣にいい思い出がなくて無理
  • 翔太兄がとにかくアホで無理 

などの意見がめちゃくちゃ出てきたのですが、2に関

してはゴリゴリ私情すぎて笑うのでスルー。

 

1は結果いい影響を及ぼしていますし、アニメーショ

ン作品なので良しとして欲しい( )

 

3はね・・・(笑)

まあ分かるんです。ここの一族のイメージとして女性

陣は常識的に効率的に生きている感じで、男性陣と栄

おばあちゃんは本能的に生きているイメージなんです

けど、翔太兄ってどちらかというと女性陣寄りで結果

男性陣はおろか栄おばあちゃんの願いすら届いてない

んですよね。

 

ただ、物語を進める為にはキーパーソンです。

挙句、『 お前にしかできないんだろ!頑張れ! 』

ってどの口が言うんだとは思いますよね(笑)

 

f:id:ya_mai_8:20210725144454j:image
 
 

映画館で2回観たくらい好きな作品です。

サマウォとバケモノ共通点ってまじでサントラがいい

って点なんですよ。

 

熊徹の表情がコロコロ変わるのが本当に好きで、一生

懸命奮闘する姿が好きで。

 

あとは多々良と百秋坊。この2人がいないとストーリ

ーは成り立たない。熊徹と猪王山はそれぞれ愛情を持

って子供を育てたわけだけれど、一郎彦の過去だった

り自分には何故牙が生えないのか?と聞くシーンや

少年期から被っていた帽子(でいいのかな)を青年期

では口元に巻いているのもしんどくて。

 

こちらも賛否両論ありますが、やっぱり映像と

サントラがとても好きで好き( 語彙力 )

 

1つ上げるとすると九太が染谷将太すぎる事、楓が広

瀬すずすぎる事に尽きるかと思います。

 

九太に関しては少年期が宮崎あおいさんの優しい声で

時が過ぎ、青年期になった九太が染谷将太さんなので

あまりに振り幅がデカいんですよね

 

f:id:ya_mai_8:20210725144929j:image

 

圧倒的に評価出来なかったのが前作・未来のミライ

こちらに関しては『 くんちゃんの声が無理 』

という感想しか思い浮かびませんでした。

 

なんでしょう、ビジュアルと声が合わないというか

ひたすらにうるさい時間が続くので、どんなストーリ

ーだった?と聞かれても全くと言ってもいいくらい思

い出せません。

 

おおかみこどもの雨と雪は〝 途中まで好き 〟です。

特に3人で雪山を駆け抜ける映像とサントラが抜群に

いい。どこから崩れるかと言うと雨が狼になると決め

たあたりからですかね。物語的にどちらかは人間に

どちらかは狼になるという展開は予想できますが

母(花)の視野があまりにも雨だけという所。

 

私自身は一人っ子なので兄弟がどの様な感じなのか

想像することしか出来ないのですが、あんな豪雨で

片一方の心配をして山奥に向かい、学校に残り母を待

っている雪は放置ですからね。かなりつらいもんがあ

る。

 

竜とそばかすの姫感想

 

本題の竜とそばかすの姫の話に移りますが

まずは比較として作品のトレーラーをご覧下さい

 

私の好きな上記2本と最新作の違いがこのほんの数秒

如実に現れているかと思いますが、興味をもてなか

った理由はここにありました。

 

歌声は綺麗だけれどワクワクするかと言われたら何か

違う。

 

今のアニメーション映画って映像良し、音楽良し、ス

トーリー良し、声優良しが前提で、そこから足し算さ

れていくことが多い様に思うのでハッキリ言ってしま

うと細田作品は声優起用より俳優起用が多い時点でマ

イナススタートなんです。それでなくても〝 声優の仕

事は声優に 〟の風潮がかなり強いように感じるので

その点でいえば今回の作品は佐藤健さんと幾田りらさ

んが本当に良かった。今作でも出演されている染谷将

太さんも染谷将太感が良い意味で薄かったうえにキャ

ラに合っていてとても良かった印象でした。

すずの父親役が役所広司さんなんですけど、バケモノ

の子で熊徹をやっていた男とは思えない。振り幅がや

っぱりベテラン。

 

主人公の声については歌が良かったという感想しか残

念ながら出てこないんですけど最近の歌の風潮として

ザックリですけど

  • 女性 ➡︎ milet , Aimerの様なウィスパーボイス
  • 男性 ➡︎ Official髭男dism , Mrs. GREEN APPLEなどの高音を武器とする歌手

の2択のように思えてならない。

 

主人公の歌声はウィスパーに力強さを混ぜたような歌

声でしたが、ワクワクする楽曲はメインテーマだけだ

ったんですよね・・・

 

オープニングがサマウォを彷彿とさせる演出だったの

でかなり期待したのですがストーリーが過去一ハマら

ず終了。

 

私の中での細田守監督作品ってサマーウォーズが圧倒

的に1番なのが変わりなくて、それを越えられる作品

が出るどころかどんどんイマイチな後味で終わる作品

ばかりで次回作に期待しても良いのだろうか?とすら

 

もちろん、竜とそばかすの姫を観てすごく良かったと

いう方も沢山いるかと思いますが私自身としては

  1. メインテーマが良かった
  2. 映像はすごく綺麗だった

の2つで、ストーリー自体は散らかっているし
 

終わり方もあれでいいの?と思ってしまいましてね

だってあれ結局解決したの?

 

細田監督醍醐味の入道雲がどこで出てくるのか

とウキウキしていたのだけれど解決せぬまま入道雲

ボン!って出てきてあ…これで終わるのか…と綺麗な

映像を観たい人やベルの歌声を聴きたい人、美女と野

獣が好きな人にはおすすめ出来るかなと言う感じでし

た 🙇🏻‍♀️

次回作があったら自信を持って面白かった!と言える

といいな

 

p.s. 現実世界の竜( 念の為名前は控えておきます )の

ビジュアルが過去一ドストライクでした。あのビジュ

アルに佐藤健さんの声ついてるのずるい(?)

 

𝔂𝓪𝓲 .